【無料学習】簿記3級講座~「精算表」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~「精算表」~

今回は「精算表」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記は決算書が読めたり経営が分かったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります元銀行員で経理経験もありますので実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

精算表について

今回は、精算表について説明します。

「精算」とは、金額などを細かに計算して結果を出すことです。

簿記の精算表は、試算表から貸借対照表・損益計算書を作成するために使います。試算表の各勘定科目の残高の最終的な残高を算定する過程が「精算」ということなります。

この精算表を作成することにより、期末時点の資産、負債、資本の残高や利益がわかります。

精算表の形式

精算表の形式は、以下のような形です。

試算表の残高を「修正記入」の部分で修正し、それを「損益計算書」または「貸借対照表」へ振り分けるという構造です。

精算表の記入のポイント

精算表の記入のポイントをご紹介します。

①勘定科目欄

勘定科目名を記入します。資産、負債、資本、収益、費用の順番に、勘定科目が並びます。

②試算表欄

試算表の金額を記入します。決算作業を行う前のベースの金額となります。

③修正記入欄

決算整理によって修正する決算整理仕訳の金額を記入します。

④損益計算書欄

試算表欄、修正記入欄の金額を元に、損益計算書に記載される収益・費用の科目の残高を記入します。

⑤貸借対照表欄

試算表欄、修正記入欄の金額を元に、貸借対照表に記載される資産・負債・純資産の科目の残高を記入します。

精算表のイメージ

勘定科目や金額を入れた精算表のイメージは以下のようになります。

説明の為に勘定科目のところに色づけしています。

緑色は、貸借対照表の勘定科目です。

青色は、損益計算書の勘定科目です。

赤色は、決算整理で発生した勘定科目です。この部分は貸借対照表に記載する勘定科目と、損益計算書に記載する勘定科目の両方が記入されます。

黄色は、最後に算定される当期の純利益または純損失です。例では当期純利益となっています。損の場合は当期純損失となります。

作成の際のチェックポイント

作成の際には、以下の点をチェックして注意してください。

①試算表欄、修正記入欄のそれぞれにおいて、貸方・借方の金額が一致しているか。

②損益計算書の貸方・借方の差額と、貸借対照表の貸方・借方の差額、つまり当が期純利益または損失一致しているか。

この二つが一致しなければ、どこかで間違いがあります。

学習のポイント(実務小話)

今回は、精算表について解説しました。

精算表をみると簿記の最終段階だと感じます。

仕訳を積み重ねた総まとめが「精算表」です。

試算表から、修正すべき数値を記入して、科目を貸借対照表と損益計算書に振り分けます。そして、損益計算書と貸借対照表の利益が一致する。

私が試験勉強していた時は、パズル感覚で解いていました。

簿記の総合問題で出題されるとうわーってなりますが、実際、最終利益は合わなくても合否に影響しないケースもあります。簡単な箇所の部分点を確実に拾うことが大切です。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました