【無料学習】簿記3級講座~科目別解説「差入保証金」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「差入保証金」~

今回は「差入保証金」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記の知識は決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります元銀行員で経理経験もありますので実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

消費税について

今回は差入保証金です。

差入保証金とは、ある契約で債務者(お金を支払う人)が債権者(お金をもらう人)に対して支払う保証金のことです。

契約をを確実なものにするためという目的があります。

イメージとしては、アパートを借りる時に払う敷金です。敷金は差入保証金の一種です。

敷金はアパートを解約する時に戻ってくる仕組みになっています。多くのケースではクリーニング代などが引かれた残額が戻ってきたりします。

「差入保証金」は資産科目になります。

あとでお金が戻ってくるからです。売掛金などと同様に、後でお金に変わるから資産となります。

差入保証金の仕訳について

以下のケースで説明します。

①営業契約を結んで保証金を支払ったとき

②不動産の賃借契約を結んで敷金を支払ったとき

営業契約を結んで保証金を支払ったとき

以下の例で説明します。

「A社と営業契約を締結し、保証金として200,000円を小切手を振出して支払った。」

(貸)当座預金 200,000

「差入保証金」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。
「当座預金」という「資産」が減ったため貸方(右側)へ記入します。

保証金を払っているので、差入保証金(資産)の増加します。小切手を振出しているので、当座預金(資産)の減少となります。

不動産の賃借契約を結んで敷金を支払ったとき

以下の例で説明します。

「店舗を賃借し、敷金100,000円を現金で支払った。」

以下の例で説明します。

「A社と営業契約を締結し、保証金として200,000円を小切手を振出して支払った。」

(貸)現金 100,000

「差入保証金」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。
「現金」という「資産」が減ったため貸方(右側)へ記入します。

保証金を払っているので、差入保証金(資産)の増加します。現金で支払っているので、現金(資産)の減少となります。

学習のポイント(実務小話)

今回は、差入保証金について解説しました。

アパートなどの賃貸の時に支払う敷金に代表される「差入保証金」は、後々戻ってくるので「資産」になります。

しかし、通常、契約期間は長期に渡りますのでの終了まで戻ってこないのです。

そのため長いこと資産に同じ額が計上されていたりします。

簡単に言えば、契約開始時に支払って、契約中は資産に計上しておいて、契約終了に伴って減少する。

このように理解しておけば大丈夫です。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら


スタディングでスキマ時間に資格取得

資格取得簿記検定
ゆきじろうをフォローする
Record Line
タイトルとURLをコピーしました