【無料学習】簿記3級講座~「例題解説:商品有高帳」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:商品有高帳」~

今回は「例題解説:商品有高帳」について説明していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われます。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります。一人でも簿記を好きになる人が増えればいいなと思い簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

例題解説:商品有高帳

「商品有高帳」の例題を解いてみましょう。

問題

次の一連の取引をもとに、商品有高帳へ記入しなさい。

なお、先入先出法と移動平均法のそれぞれで記入してください。

9/5 仕入 30個 単価1,000円
9/10 売上 10個 単価1200円
9/20 仕入 20個 単価1200円
9/25 売上 30個 単価1500円

解答

先入先出法

移動平均法

解説

先入先出法、移動平均法の違いについての理解を確認しておきましょう。

なお、実際にいくらで売り上げたのかは、商品有高帳では一切関係ありませんのでダミーの使わない情報です。

受入欄は、仕入たときや前月から繰り越された場合に記入する箇所です。

払出欄は、売り上げたときは、次月へ繰り越す場合に記入する箇所です。

9/10の売上取引までは、先入先出法と移動平均法は同じです。

9/20の仕入取引

先入先出法の残高欄へは、単価ごとに分けて記入します。

移動平均法では、残高金額と数量を割り、改めて単価を算出しなおしてから記入します。

9/25の売上取引

先入先出法では、先に仕入れたものから先に払出しをします。単価1,000円で仕入れているものから先に払出し、足りない分について1,200円の単価のものを払い出します。

移動平均法では、算出しなおした単価で計算します。

次月繰越

在庫として残った分を次月へ繰越して、合計金額を求めます。

学習のポイント(実務小話)

商品有高帳の例題を解説しました。

商品有高帳の問題は、見た感じちょっと面倒くさいとおもうかもしれませんが、やり方さえ知っていれば問題文の情報だけで得点できますので、得点を伸ばすにはチャンスの問題です。

ところで、上記の問題では、最終的に残った在庫の金額が、先入先出法では12,000円、移動平均法では11,000円です。

この差額1,000円は、どこへ行ったのでしょうか。

この差額は利益の増減として計算されています。

先入先出法の方が利益が1,000円多くなります。

ちょっと難しい話かもしれませんが、大切なのは、商品有高の計算方法を変えるだけで、実態としての在庫は同じなのに、会計上の利益が調整できてしまうというところです。

このあたりもおもしろくもあり、粉飾や不適切会計の見地からすると少し危ないところと言えます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました