【無料学習】簿記3級講座~「例題解説:仕訳の転記(T勘定の使い方)」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:仕訳の転記(T勘定の使い方)」~

今回は「例題解説:仕訳の転記(T勘定の使い方)」について説明していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われます。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります。一人でも簿記を好きになる人が増えればいいなと思い簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

例題解説:仕訳の転記

「仕訳の転記(T勘定の使い方)」の例題を解いてみましょう。

問題

次の仕訳をそれぞれの勘定へ転記しなさい。

4/1の取引

(借)現金 10,000 (貸)売上 10,000

4/10の取引

(借)備品 50,000 (貸)現金 50,000

4/15の取引

(借) 仕入 50,000 (貸)現金 20,000
買掛金 30,000

解答・解説

各勘定科目には日付と相手側の勘定科目を記入します。

相手側の勘定科目が複数ある場合は「諸口」と記入するところがポイントです。

学習のポイント(実務小話)

仕訳の記帳(T勘定の使い方)の処理の例題を解説しました。

「T勘定」の集計方法に慣れるための問題です。

仕訳ベースでは、その日、どんな取引があったかという情報しかわかりません。

どの勘定科目がどのくらい増減があって動いたのかを知りたい。

そこで、取引を勘定科目ベースで集計するのが「T勘定」です。

実は「T勘定」を書かないで簿記の問題を解く人も結構いますが、そういう方々は、形はそれぞれ違えど、「T勘定」のような集計ロジックが頭の中にあるのだと思います。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました