【簡単に理解】日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:現金」~【独学にも役立つ】

資格取得

日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:現金」~

今回は「例題解説:現金」について説明していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
私は簿記を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われています。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記を勉強して人生が変わりました。元銀行員で経理もやっていましたので、経理実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

例題解説:現金

「現金」に関する例題を解いてみましょう。

問題

次の取引を仕訳しなさい

①現金2,000を借り入れた。

②手数料として、現金1000を支払った。

②商店Aから手数料として、同店振り出しの小切手3,000を受け取った。

④商店Bから手数料として、送金小切手1,500を受け取った。

仕訳の際は、以下の勘定科目の内、適切なものを使用する事。
勘定科目:現金、借入金、受取手数料、支払手数料、送金小切手

解答

①(借) 現金 2,000  (貸)借入金 2,000

②(借) 支払手数料 1,000  (貸)現金 1,000

③(借) 現金 3,000  (貸)受取手数料 3,000

④(借) 現金 1,500  (貸)受取手数料 1,500

解説

①(借) 現金 2,000  (貸)借入金 2,000
「現金」という資産が増えたため借方(左)に現金、
「借入金」という負債が増えたため、貸方に借入金となります。
借入金は負債の代表格です。
銀行などから融資を受けると借入金が増加します。
②(借) 支払手数料 1,000  (貸)現金 1,000
手数料を支払って「現金」という資産が減ったため貸方(右)へ現金、
「支払手数料」という費用が増加したため借方(左)に支払手数料となります。
支払手数料は「費用」科目です。支払手数料は、例えば、銀行で振込をした場合などの振込手数料をイメージするとよいと思います。
資産と費用は借方(左)、負債と純資産と収益は貸方(右)が増加となります。
これは覚えるしかないところですが、すぐになれます。
③(借) 現金 3,000  (貸)受取手数料 3,000
手数料として小切手(現金)を受け取ったため、借方(左)へ現金、
「受取手数料」という収益が増加したため貸方(右)に受取手数料となります。
「小切手」は現金とするところがポイントです。
④(借) 現金 1,500  (貸)受取手数料 1,500
③の問題と同じです。
手数料として送金小切手(現金)を受け取ったため、借方(左)へ現金、
「受取手数料」という収益が増加したため貸方(右)に受取手数料となります。
「送金小切手」も現金とするところがポイントです。

学習のポイント

現金は「資産」ですから、増加したときは借方(左)になります。

逆に現金を支払った場合は貸方(右)となります。

簿記の「現金」は、現金のみならず、小切手や送金小切手、郵便為替証書、配当金領収証なども現金となりますので、よく覚えておきましょう。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました