【転職活動】転職すべきかどうか迷ったらすべきこと【ある重要なポイント】

就職・転職

複数の企業で働くのは当たり前の時代に

近年では転職は、キャリア形成のための大きな選択肢の1つとなっています。

さまざまな求人があります。

しかし、本当に難しいのはその会社に転職すべきかどうか見極めることです。

求人内容からそれを判断するのはとても難しいです。

転職先で自分の働きたいようにできるのか。

今よりも労働条件はよくなるのか

自分のキャリアを活かせる企業か

疑問は尽きないことでしょう。

今回はそのような疑問を解消するための一助として、転職すべき会社の見分け方・見極め方をご紹介します。

転職すべきかどうか見極めるための、ある重要ポイント

現在は転職エージェントを活用することが一般的になっています。

しかし、多くの求人を紹介され、複数の企業に面談を受けに行く。

そうしてるうちに迷走してしまうことがあります。

そこで、ある時、本当に転職すべきかどうか?

について疑問に思ったり、迷いが生じたりします。

そのような場合に確認すべきことがあります。

それが「主導権が自分にあるか」の確認です。

転職エージェントのペースになっていませんか?

転職エージェントのペースに乗せられてしまう人は、厳しいことを言うようですが、転職活動に向いていません。

あるいはまだその時期ではないと言えます。

最終面接・役員面接のスケジュール調整や回答期限を急かされたりして、そのとおり真面目にうごいていませんか?

良い求人だと一方的に推薦された求人情報を鵜呑みにしていませんか?

転職エージェントは、成果報酬型のビジネスモデルを採用しています。求職希望者に企業の求人を斡旋して、内定・入社することで報酬が発生する仕組みです。

求職希望者を就職させてなんぼの世界です。

法人・個人ともに優れた転職エージェントも多く存在しますが、中には希望と合わない求人を無理に勧めてくるなど不適切なエージェントにあたるかもしれません。

主導権が自分にあるのか、本当に自分が心から思う選択か、よく考えることが大切です。

転職活動において自分の人生を再定義する

転職活動は、良くも悪くも自分の人生を見直す良い機会です。

同じ会社で働き続ける人には体験できない刺激があります。

まずは自分の人生を再定義しましょう。

具体的には以下のようなポイントを整理してみます。

自分は、今までに何をしてきたのか

何ができるのか

そして、これからどう働きたいのか

さらに、これからどう生きていきたいのか

転職活動は仕事を見直すことによって、生き方そのものを見直すことができる貴重な機会です。

まとめ~転職すべきかどうか迷ったら~

転職すべきかどうか迷った場合には、まず、転職エージェントのペースになってないか確認し、それから、自分の仕事や人生についてもう一度よく考えてみましょう。

しっかり、自分を再定義して、ふさわしい業界や業態、職種、企業を見極めましょう。

焦って転職すると、前職よりも待遇が悪化したり、新しい職場で活躍できず、消化不良に終わってしまうかもしれません。

大切なのは自分の人生は自分で決めるということです。

主体的な転職活動をすることで、転職すべき企業かそうでないかが見えてくるはずです。

【転職活動】仕事を辞めてしまっても再起を図れる【時には逃げてもいい】

【転職活動】ヘッドハンターから指導を受けた面接のポイント(面接対策全般編)

【転職活動】選考で落ちても落ち込まない方法【立ち直る】

【会計士】公認会計士試験を初めて受けた時の感想

タイトルとURLをコピーしました