【勉強全般】勉強仲間はいた方が資格試験に合格しやすいか【ライバルと競争】

資格取得

勉強仲間はいた方が資格試験に合格しやすいか

私は資格試験の勉強に勉強仲間は必要ないと考えています。

というのも私は勉強仲間を作らずに公認会計士試験に合格できたからです。

もちろん、同じ目標を志す勉強仲間がいた方が勉強がはかどる、モチベーションが上がるという意見もあると思います。

しかし、基本的に勉強仲間は必要ないと思います。

今回は、資格試験の勉強に勉強仲間は必要ないと思う理由について書いてみたいと思います。

資格取得の勉強をしている方の参考になれば幸いです。

資格試験の勉強に勉強仲間は必要ないと考える理由

勉強は基本一人でするもの

高い集中力を発揮するのは一人の時です。

基本的に勉強は一人でするものだと思います。例えば友達と会話をしながら、問題集に集中するということはとても困難です。

何かを集中する時は一人であることが必要なのです。

資格試験の勉強は集中力を磨く訓練でもあります。

勉強する時も集中力、試験を受けている時も集中力がモノを言います。

勉強は集中力を高める練習も兼ねています。

予備校など教材が充実している

現在は予備校など教材が充実しています。

なので教えあう勉強仲間は必要ない場合が多いです。

教材も使い切らないくらい膨大にあったりします。

資格予備校なども合格に十分な情報を提供してくれます。教材に解説があったり、質問コーナーで聞いたりとわからない部分があれば気軽に尋ねることができます。

そして答えも正確です。

一緒に勉強してお互いに教えあうという場面も少なくなってきています。

大体のことはネットで調べればわかってしまうということもあります。

無駄なく効率的に自分のペースで勉強できる

勉強はとにかくやったもん勝ちです。

どうしても人といると自分のペースを保てない場合があります。

人のペースに合わせる必要はありません。人と勉強しているとついついペースが乱れてしまったりするものです。

自分で計画を立てて粛々と勉強していくのみです。

勉強時間以外で仲間と遊ぼう

勉強は一人でさっさと終わらせて、空いた時間で仲間と遊ぶ。

このような方法が良いのではないかと思います。

勉強する時は勉強をする。遊ぶときは遊ぶ。

強いて言えば、苦労を共にすることで仲良くなるということもあると思います。しかし、勉強の目的は、あくまでも資格試験に合格することです。それ以外の無駄は極力排除して目的を達成する。

そうすることで、余剰の時間を生み出すことができます。そして、その生み出した余剰時間を有効に使うのがよいでしょう。

資格試験は一人でも十分合格可能です。

以上、資格試験の勉強に勉強仲間は必要かについて書いてみました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【勉強全般】勉強って1日に何時間勉強できる?【適正な勉強時間とは?】

【会計士】社会人の公認会計士受験におすすめの予備校

タイトルとURLをコピーしました