【メンタル】眼鏡メンテナンスのすすめ【クリーニング・パット交換】

悩みのヒント

眼鏡のメンテナンスはしていますか?

この前、眼鏡ケースが壊れたので、久しぶりに今かけているメガネを買ったメガネ屋さんへ行きました。

メガネのクリーニングとシリコンパッドを交換してきましたが、思ったよりも爽快感がありましたのでご紹介します。

メガネケースを買いにメガネ屋へ

メガネケースって寿命があって、必ずいつかは壊れてしまいます。

特に持ち運びしているケースだとゆがんだり、バネが壊れてしまします。

メガネケースが壊れてきたので、メガネを買ったメガネ屋さんへ行きました。

店員さんとの対話

メガネケースを選んでいると、店員さんが

「メガネのクリーニングをしましょうか?」と言ってくれました。

その時についでに「シリコンパットも交換しますか?」と言われました。

シリコンパッドは鼻の上のメガネを支える部分のパーツです。

これも消耗品なので交換が必要になります。

メガネケースも決まりお会計

メガネケースも選び終わり、お会計をしました。

シリコンパット:220円

眼鏡ケース:500円

計720円でした。

そして、クリーニングとシリコンパッド交換が終わったメガネを見ると、

綺麗になってる!

と本当に驚きました。

普段の劣化に気づかない

メガネも知らず知らずのうちに、汚れていたり、シリコンパッドが痛んできていたのですね。

まったく気付かなかったです。

たまにメンテナンスをしないといけないなと思いました。

そして、たまに新品の状態と見比べる必要があります。

ずいぶんと古くなっていることに気づきました。

メガネのフレームはメタルなので、まだまだ使えますが、クリーニングした後のメガネは輝いていました。

ぜひ、メガネを愛用している方がおりましたら、たまにはメンテナンスをしに行ってみてはいかがでしょうか。

たった数百円で爽快な気分になれます。

ちょっと1日気分よく過ごせました。

ちなみにまだ新しいメガネは買いませんが、こういう風にメガネ屋さんを利用する方法もあるのだなと思いました。

以上、メガネメンテナンスのすすめでした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【メンタル】資格を取ればコンプレックスは解消されるか【ここで終わりたくない】

【会計士】社会人で公認会計士を目指すメリットとデメリット

【メンタル】人を動かすためのセオリー【帝国海軍大将、山本五十六に学ぶ】

タイトルとURLをコピーしました