【無料学習】簿記3級講座~「例題解説:精算表①」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:精算表①」~

今回は「例題解説:精算表①」について説明していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われます。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります。一人でも簿記を好きになる人が増えればいいなと思い簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

例題解説:精算表①

「精算表①」の例題を解いてみましょう。

問題

以下の精算表を完成させなさい。

解答

解説

まずは精算表に慣れるための問題を出題しました。

この問題は損益計算書欄、貸借対照表欄を埋めていくだけの問題です。

埋めてみて精算表を実際に作成してみましょう。

「試算表」残高に「修正記入」欄の貸方、借方欄の金額を補正して、損益計算書欄、貸借対照表欄へ記入します。

計算ミスをすると、最後に結果が一致しない事になりますので正確性が大切です。

また、どの勘定科目が「損益計算書」で、どの科目が「貸借対照表」のなのかの振り分けができるかどうかもポイントです。

目印としては、「資本金」です。

「資本金」までは貸借対照表欄へ記入します。

それ以降の修正記入欄により追加された勘定科目の手前までは、損益計算書欄へ記入します。

試算表になくて、後から追加された勘定科目は「資産」「負債」「収益」「費用」のどれになるのかをしっかり理解しておきましょう。

そして、最後に当期純利益もしくは当期純損失が算出されます。「損益計算書」「貸借対照表」のそれぞれの貸借差額が一致すれば完成です。

学習のポイント(実務小話)

精算表①の例題を解説しました。

簿記は実際に手を動かしてみるということが非常に大切です。

最後に利益の金額が、「損益計算書」と「貸借対照表」で一致した時に、精算表って本当によくできているということがわかります。

パズルとか好きな方は得意なところかもしれません。

恥ずかしながら、私は例題を作っていて、最初どこかが間違っていて利益が合いませんでした。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました