【無料学習】簿記3級講座~「例題解説:試算表①」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:試算表①」~

今回は「例題解説:試算表①」について説明していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われます。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります。一人でも簿記を好きになる人が増えればいいなと思い簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

例題解説:試算表①

「試算表①」の例題を解いてみましょう。

問題

以下のT勘定を元に、合計残高試算表を作成しなさい。

解答

解説

T勘定から正確に転記をできるかどうかの問題です。

解答の順序としては以下のようになります。

①借方合計、貸方合計を記入します。
②借方合計、貸方合計の合計が間違っていないかチェックします。
③借方残高、貸方残高を記入します。
④借方残高、貸方残高の合計が間違っていないかチェックします。

まずは、合計金額をそれぞれ算出して、その次に差し引きを求めて残高を記入します。

合計金額を記入した時点で一度貸借が一致してるか確認しましょう。

学習のポイント(実務小話)

試算表①の例題を解説しました。

単にT勘定の残高を転記するだけですが、このような作業をしておくことで、T勘定と合計残高試算表のつながりが理解できます。

わかるわかるって思ってやらないというのでなく、簿記は技術ですから、とにかく手を動かすことが大切です。

そうやっていって、簿記の上級者ともなると、頭の中で仕訳からT勘定をイメージでき、逆に手を動かすまでもないとか。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました