【無料学習】簿記3級講座~「商品有高帳」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~「商品有高帳」~

今回は「商品有高帳」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記は決算書が読めたり経営が分かったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります元銀行員で経理経験もありますので実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

商品有高帳について

今回は、商品有高帳について説明します。

商品有高帳とは、仕入や売上などの取引のつど、仕入れをした商品や売り上げた商品の数量、単価、合計金額を記入して、商品の有高、つまりどのくらい在庫があるのかを管理する補助元帳です。

商品有高帳の記入方法

商品有高帳の記入方法について説明します。

試験では2つの方法を学習します

「先入先出法」と「移動平均法」です。

この2つの方法の違いは、売り上げた時の「商品の払出単価」の違いです。

商品の払出単価とは、在庫として手元にある商品の単価です。その商品はいつも同じ値段で仕入れる事ができるとは限りません。一回一回仕入れ値が異なるのが通常です。

このような時に、個々の商品の単価をどうやって算出するのかということで「商品有高帳」への記入方法が変わります。

例えば、商品を1個200円の商品が手元にあります。もう一つ商品を仕入れました。前に買った時の値段より高くなっていて、1個400円です。

手元には1個200円の商品と1個400円の商品が2つあります。

そのうちの1個を500円売り上げました。この時、売り上げた商品の払出単価はいくらになるでしょうか。

先に仕入れた1個200円の方を先に売ったとして200円でしょうか。それとも2個の平均300円が単価になるでしょうか。

このような考え方が払出単価の基礎になります。

では、より詳しく「先入先出法」と「移動平均法」を説明していきます。

先入先出法

「先入先出法」とは、先に仕入れたものを先に払い出すという方法です。

以下の例で考えています。

仕入①:ある商品を5個、単価100円で仕入れた。
仕入②:さらに商品を5個、単価200円仕入れた。
売上①:そのうち8個売り上げた。

先入先出法では、先に仕入れた単価100円の5個と、単価200円で仕入れた3個を売上で払いだしたと考えて払出単価を計算します。

移動平均法

上記と同じ例で考えます。

移動平均法では、最初に5個、単価100円仕入れて手元に商品がある状態から、追加で5個、単価200円仕入れたときに、Aという商品の単価を計算しなおします。

5個×100円=500円

5個×200円=1,000円

計10個、1,500円

となります。

この合計額1,500円を元に商品の単価を計算しなおします。

1,500円÷10個=150円。

となります。

そして売上です。

単価150円の商品を8個売り上げたと計算されます。

商品有高帳の例

取引例を元に商品有高帳への記入方法を説明します。

6/1 前月からの商品Aの繰越高が10個(単価200円)ある。
6/20 商品Aを20個(単価350円)を仕入れた。
6/25 商品Aを15個(単価400円)で売り上げた。
6/30 月末の為、商品有高帳を締めた。

払出単価の決定方法は、先入先出法として記入すると、以下のようになります。

次は、払出単価の決定方法を移動平均法として記入すると、以下のようになります。

商品有高帳の各項目の記入のポイントについて説明します。

①受入欄

仕入れた商品の数量・単価・金額を記入します。

②払出欄

売り上げた商品の数量・単価・金額を記入します。

先入先出法の場合

現在残っている商品のうち、先に仕入れたものから払い出していきます。その商品がなくなったら、次に仕入れたものを払い出してきます。今回の取引例では、まずは前月繰越分の商品を先に払出し、足りない分は新しく仕入れた商品を払い出します。

同じ取引で単価の異なる商品がある場合は「{」を使ってまとめます。

移動平均法の場合

仕入れた際に、残高の単価を計算しなおします。その計算後の単価を記入します。

③残高欄

売上または仕入後の最新の在庫情報を記入します。

先入先出法の場合

仕入単価ごとに行を分けて記入します。同じ取引で複数の単価の商品がある場合は「{」を使ってまとめます。

移動平均法の場合

仕入れた際に合計金額を個数で割り、平均単価を算定しなおします。そしえ求めた平均単価を、新しい単価として記入します。

④帳簿の締め

摘要欄に「次月繰越」と記入します。払出欄に一つ上の行の残高欄をそのまま転写します。

受入欄、払出欄の合計を記入します。受入欄と払出欄の数量、金額は一致します。

最後に二重線で締めます。

学習のポイント(実務小話)

今回は、商品有高帳について解説しました。

商品有高帳の問題を苦手とする人は多いです。

問題分の情報量が多く、とても複雑で面倒に感じてしまうからかもしれません。

しかし見掛け倒しで、その取引を冷静に順番に追っていくだけで解けてしまいます。なんら難しいことはありません。

このような問題はサービス問題と思って間違いないです。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました