【無料学習】簿記3級講座~「貸借対照表と損益計算書の関係」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~「貸借対照表と損益計算書の関係」~

今回は「貸借対照表と損益計算書の関係」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記は決算書が読めたり経営が分かったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります元銀行員で経理経験もありますので実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

貸借対照表と損益計算書の関係について

今回は、貸借対照表と損益計算書の関係について説明します。

貸借対照表と損益計算書のつながりの部分にしぼって解説します。

期首の貸借対照表

それでは、簡単な例で、貸借対照表と損益計算書の関係を簡単に説明します。

最初に、10,000円という元手で会社を設立します。

元手は純資産になります。

設立当初の状態を、貸借対照表にすると以下のようになります。

期中の取引

次に期中の取引について考えます。

例えば、現金で9,000円の商品を購入しました。

そして10,000円で売り上げ、代金を現金で受け取りました。

これだけしか期中に取引がなかったとすると、損益計算書は以下のようになります。

売上10,000円から、仕入9000円を引いた1,000円が利益となります。

そして、期末を迎えます。

貸借対照表はどうなるでしょうか。

期末の貸借対照表

期末の貸借対照表は以下のようになります。

期中の取引で発生した利益1,000円が利益として純資産に加算されて11,000円となります。

この部分は、損益計算書の利益1,000円が計上された形になります。

これが、貸借対照表と損益計算書の連携です。

損益計算書で発生した利益は、期末には貸借対照表の純資産に計上されます。

簿記3級では、期首の純資産+利益=期末の純資産という関係を覚えておきましょう。

なお、資産が10,000円から11,000に増えています。これは現金で仕入て現金で売り上げたので、現金が1,000円増えたことによります。

学習のポイント(実務小話)

今回は、貸借対照表と損益計算書の関係について解説しました。

貸借対照表と損益計算書は、「利益」によってつながるイメージです。

期首の純資産に、期中の利益がプラスされます。

その次に期も、期中の利益が純資産にプラスされます。

期首の貸借対照表から始まり、損益計算書で利益を算出し、期末の貸借対照表へ利益を計上する。

そのようなループで会社の活動は回っています。

※期首の純資産+利益=期末の純資産という関係は、実際の会計実務では、厳密には成立しませんが、簿記3級ではまずはそのような理解で十分といえます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました