【無料学習】簿記3級講座~科目別解説「例題解説:約束手形①」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「例題解説:約束手形①」~

今回は「例題解説:約束手形①」について説明していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われます。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります。一人でも簿記を好きになる人が増えればいいなと思い簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

例題解説:約束手形①

「約束手形①」の例題を解いてみましょう。

問題

次の取引を仕訳しなさい。

①A商店に対する買掛金200,000円を支払うために、約束手形を振り出した。

②①で振り出した約束手形が満期日を迎えた為、当座預金口座から決済された。

解答

①(借) 買掛金 200,000 (貸) 支払手形 200,000
②(借) 支払手形 200,000 (貸) 当座預金 200,000

解説

①(借) 買掛金 200,000 (貸) 支払手形 200,000

「買掛金」という負債が減ったため借方(左側)に記入します。
「支払手形」という負債が増えたため貸方(右側)に記入します。

「買掛金」を「支払手形」に振り替えることで、支払期限を延ばしたり、期日を明確にしたり、銀行で支払いを完了させることができます。

②(借) 支払手形 200,000 (貸) 当座預金 200,000

「支払手形」という負債が減ったため借方(左側)に記入します。
「当座預金」という資産が減ったため貸方(右側)に記入します。

①の手形が銀行で決済されました。

学習のポイント(実務小話)

約束手形①の処理の例題を解説しました。

約束手形は、いつ、いくらを支払うか約束をした手形です。

現金を持ち運ぶよりも、お金は銀行に入れておいて、手形を発行してお互い支払いを行う方が便利なので手形というものが使われてきました。

最近ではさらに進んで、電子記録での債権で支払いなどの決済ができるようになってきており、手形が使われる場面が減少してきています。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました