【簡単に理解】日商簿記3級対策~科目別解説「費用の繰延べ(前払)」~【独学にも役立つ】

資格取得

日商簿記3級対策~科目別解説「費用の繰延べ(前払)」~

今回は「費用の繰延べ(前払)」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
私は簿記を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記は決算書が読めたり経営が分かったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります元銀行員で経理経験もありますので実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

費用の繰延べ(前払)について

費用の繰り延べ(前払費用)を説明します。

前払費用の代用例は家賃です。

アパートを借りている人は、来月分の家賃を当月支払っています。

毎月毎月、1か月分の家賃をその前の月に支払っています。

このような状態で決算日をまたいだ場合、費用の繰り延べ処理を行います。先に支払っているの家賃を、前払費用という資産に振り替えます。

前払費用は「資産」です。先に払っているためお金を貸している状態と同じだからです。

問題によっては「前払家賃」や「前払利息」という勘定科目を使います。それらを総合して「前払費用」とする事もあります。

実際の問題を解く場合は、問題文で与えられる勘定科目をよく見てください。

費用の繰延べの仕訳について

前払費用」にかかる仕訳について以下の項目で説明します。

①費用を支払った。
②決算を迎えた。
③次期になった。

①費用を支払った。

以下の例で説明します。

「3月に4月分の家賃50,000円を現金で支払った。」

(借)支払家賃 50,000 (貸)現金 50,000

費用を支払った時点では、普通に上記のように費用を計上する仕訳を行います。

②決算を迎えた。

以下の例で説明します。

3月31日に決算を迎えたとします。

(借)前払家賃 50,000 (貸)支払家賃 50,000

「前払家賃」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。
「支払利息」という「費用」が減ったため貸方(右側)へ記入します。

支払った4月分の家賃は来期の家賃ですね。

③次期になった。

以下の例で説明します。

次期では本来の科目「支払家賃」に振り替えます。

(借)支払家賃 50,000 (貸)前払家賃 50,000

「前払家賃」という「資産」が減ったため貸方(右側)へ記入します。
「支払利息」という「費用」が増えたため借方(左側)へ記入します。

学習のポイント(実務小話)

今回は、費用の繰延べ(前払)について解説しました。

前払費用、未収収益、未払費用、前受収益の4つを経過勘定といいます。

ここで少し苦戦することもあるのではないかと思います。

前払費用などの経過勘定は、家賃のように「支払いの時期」と「いつの分の家賃」というように支払いと対応する期間がずれている場合に、そのズレを調整するためのものです。

これを期間対応と言ったりしますが、実務上とても重要な会計処理になります。

学習していくうちに慣れてくると思います。

覚え方の参考となる記事をご紹介します。

【簿記】経過勘定の覚え方【資産負債混乱】

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました