【無料学習】簿記3級講座~科目別解説「売上」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「売上」~

今回は「売上」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記は決算書が読めたり経営が分かったり決して無駄にはなりません。簿記には人生を変える力があります元銀行員で経理経験もありますので実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

売上について

売上とは、仕入れた商品を売った場合、サービスを提供した場合に使用する勘定科目です。

物やサービスを提供して収益を上げている企業にとって「売上」は、生命線といっても過言でないくらい重要な科目です。

「売上」は「収益」です。

「収益」は、増えたら貸方(右側)、減ったら借方(左側)に記入します。

売上の仕訳について

売上の仕訳について以下の項目で説明します。

①現金で売り上げた。
②掛けで売り上げた。

①現金で売り上げた。

以下の例で説明します。

「商品10,000円を売上げ、代金は現金で受け取った。」

(借) 現金 10,000  (貸) 売上 10,000

「現金」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。
「売上」という「収益」が増えたため貸方(右側)へ記入します。

「小切手で売り上げた」という問題も出題されますが、小切手で売り上げたときも「現金」です。現金で売り上げたときと同じ仕訳になります。

仕入をして、小切手で支払ったときは「当座預金」となりますので、注意しましょう。

②掛け(売掛金)で売り上げた。

以下の例で説明します。

「商品10,000円を売上げ、代金は掛けとした。」

(借) 売掛金 10,000  (貸) 売上 10,000

「売掛金」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。
「売上」という「収益」が増えたため貸方(右側)へ記入します。

「売掛金」は「資産」です。相手の支払いを待ってあげているので、お金を貸している状態と同じだからです。

「仕入」を掛け払いにしたときに使う勘定科目は「買掛金」です。「売上」を掛けにしたときに使う勘定科目は、この逆で「売掛金」になります。

次に売掛金を回収した場合の仕訳も説明します。

「掛代金10,000円を現金で受け取った。」

(借) 現金 10,000  (貸) 売掛金 10,000

「売掛金」という「資産」が減ったため貸方(右側)へ記入します。
「現金」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。

「売掛金」が「現金」に変わったイメージです。

学習のポイント(実務小話)

今回は、売上について解説しました。

何か物を売ると「売上」が貸方(右側)に計上されます。

注意したい点は、売上=現金の増加ではないということです。

即金でお金をもらえれば、もちろん現金が増加しますが、ちょっと後で支払ってもらうことにして借方(左側)に「売掛金」を計上したり、あるいは「受取手形」などで回収ということをします。

世間一般では「売上高」や「年商」などいわゆる「売上」の規模で企業の大きさを比較したりします。

でも、売上は、まだ取引途中のものも多く含まれていて、いわゆる取引の中間報告みたいなものとも言えます。その中間報告的な性格から、売上高を大きく見せようと売上の水増しのような会計不正も起きたりします。

要は実際に売り上げてなくても売り上げたことにするということです。

売上取引は、現金として回収した時に無事に取引が終わったということができます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました