【無料学習】簿記3級講座~科目別解説「未収金・未払金」~【独学で簡単に理解】

資格取得
スポンサーリンク

日商簿記3級対策~科目別解説「未収金・未払金」~

今回は「未収金・未払金」について解説していきます。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
簿記学習を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。私も簿記には人生を変える力があります。一人でも簿記を好きになる人が増えればいいなと思い簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

未収金と未払金について

まず「未収金・未払金」と「売掛金・買掛金」の違いをおさえることが重要です。

商品を売った時にまだもらってないお金を「売掛金」、商品を仕入れた時にまだ払っていないお金を「買掛金」といいます。

一方、未収金、未払金とは、まだもっらってないお金、まだ払ってないお金ですが、商品売買以外の未収、未払の場合に使用します。

商品売買以外というところが重要です。

例えば、代表的なのは建物などの固定資産を買った場合や売った場合です。

未収金・未払金の仕訳について

未収金、未払金の仕訳を以下の項目で説明します。
①何かを売却し、お金は後払いとした。
②後払いとしていたお金をもらった。
③何かを購入し、お金は後払いとした。
④後払いとしていたお金を払った。

未収金は「資産」です。後々もらえるお金なだからです。売掛金同じです。

未払金は「負債」です。後々払わなければならない借金だからです。買掛金と同じです。

①何かを売却し、お金は後払いとした。

まず未収金です。以下の例で説明します。

「建物3,000,000円を売却し、代金は月末に受け取る事とした。」

(借) 未収金 3,000,000 (貸) 建物 3,000,000

「建物」という「資産」が減ったため貸方(右側)へ記入します。
「未収金」という「資産」が増えたため借方(左側)へ記入します。

建物は固定資産であり、商品売買以外のため未収金を使います。

建物を売った場合、減価償却なども関係してきますがここでは省略します。

②後払いとしていたお金をもらった。

以下の例で説明します。

「建物代金の未収分3,000,000円を当座預金口座を通じて受け取った。」

(借) 当座預金 3,000,000 (貸) 未収金 3,000,000

「未収金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ記入します。
「当座預金」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。

未収入金を回収したら、貸方に未収金で取り崩します。

③何かを購入し、お金は後払いとした。

次は未払金です。以下の例で説明します。

「建物4,000,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。」という仕訳は以下のようになります。

(借) 建物 4,000,000 (貸) 未払金 4,000,000

「建物」が増えた⇒「資産」が増えた⇒左側へ記入します。
「未払金」が増えた⇒「負債」が増えた⇒右側へ記入します。

建物は固定資産であるため、買掛金を使わず未払金とします。

④後払いとしていたお金を払った。

以下の例で説明します。

「建物代金の未払分4,000,000円を、小切手を振り出して支払った。」

(借) 未払金 4,000,000 (貸) 当座預金 4,000,000

「未払金」が減った⇒「負債」が減った⇒左側へ記入します。
「当座預金」が減った⇒「資産」が減った⇒右側へ記入します。

小切手での支払いは当座預金の減少でしたね。

学習のポイント(勉強の仕方)

今回は、未収金・未払金について解説しました。

もっとも注意が必要なのは、商品売買以外は未収金・未払金を使うということです。

売掛金・買掛金としてしまうと得点を落としてしまいます。

イメージとしては、その会社の本業の場合は、売掛金・買掛金、それ以外は未収金・未払金を使うという分け方をします。例えば、物を売る会社であれば、物品の売上は売掛金・買掛金、それ以外は未収金・未払金です。

「買掛金」「売掛金」か「未収金」「未払金」どちらを使えばいいのか、しっかり判別できるようにしておきましょう。

日商簿記3級対策記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました