【簡単に理解】日商簿記3級対策~科目別解説「現金」~【独学にも役立つ】

資格取得

日商簿記3級対策~科目別解説「現金」~

今回は「現金」について解説していきます。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

こんにちは、ゆきじろうです。
私は簿記を社会人から知識ゼロで始めて公認会計士になりました。
複式簿記は人類最高の発明の一つと言われています。
簿記は決算書が読めたり経営が分かるようになったり決して無駄にはなりません。簿記を勉強して人生が変わりました。元銀行員で経理もやっていましたので、経理実務の話も交えつつ、簿記の理解が深まり簿記が好きになるような解説を心がけていきます。

簿記でいう「現金」って何?

現金とは、日常では「お金」のことです。

簿記では「資産科目」になります。

現金が増加すると借方(左)減少すると貸方(右)に記入します。

簿記の「現金」は日常の現金よりも広いです。

お札とか硬貨の他に、すぐに換金ができる小切手も「現金」として取り扱います。

あくまでも簿記上は、小切手は「現金」とするということです

現金の仕訳

では、現金の仕訳を解説します。

現金は「資産」です。増えたら借方(左)、減ったら貸方(右)へ記入します。

以下の例で説明します。

「ある商品を2,000円で売って、現金を受け取った。」

現金2,000円を受け取り、現金が増えました

(借) 現金 2,000 (貸) 売上 2,000

「ある商品2,000を、現金で仕入れた。」

商売のため商品2000を仕入れました。そして代金を支払い現金2,000が減りました。

(借) 仕入 2,000 (貸) 現金 2,000

注意点「小切手」も現金扱い

小切手も現金として仕訳を切ります。

これは簿記3級にありがちなひっかけです。

小切手のように、すぐに現金に換金ができるものも現金です。

以下の例で説明します。

「ある商品1,000円を売上げて、代金は小切手で受け取った。」

(借) 現金 1,000 (貸) 売上 1,000

小切手で受け取っても現金で仕訳を切ります。

他に現金として仕訳を切るもの

小切手の他にもすぐに換金可能な以下のものも現金として取り扱います。

・送金小切手
・郵便為替証書
・配当金領収証

以下の例で説明します。

「株の配当金領収証1000円を受け取った。」

株を買ってる人は配当金がもらえる「配当金領収証」を郵便局へ持って行ったこともあるかもしれません。これもすぐに換金なため現金です。

仕訳は以下のようになります。

(借) 現金 1,000 (貸) 受取配当金 1,000

学習のポイント(実務小話)

小切手は現金ということは試験問題で頻出します。

小切手って現金と同じという感覚は、最初はなじめないですね。よく昔のドラマでは「好きな金額を書きたまえ」と小切手を渡すイメージがありますが、普通の人は小切手を持てません。

小切手を発行するには「当座預金」が必要だからです。「当座預金」は大きな会社が費用や経費などの支払い用口座として作るものです。

「当座預金」は、私たちが使っている銀行の「普通預金」とは異なります。

私たちはATMからキャッシュカードでお金を引き出しますが、その代わりに「当座預金」では小切手を使います。小切手以外では引き出しができないのが「当座預金」です。

当座預金を開設すると、小切手帳という小切手の束を渡されます。

これに好きな金額を書いて銀行の窓口にもっていくとお金を引き出すことができるのです。もちろん残高の範囲内の金額しか引き出すことはできません。銀行に持っていくのは口座本人でなくてもよいのが通常です。小切手は人に渡せます。

そういうわけで、小切手帳に金額を記入した小切手は、銀行に持っていくとすぐに現金に換えられるので小切手は「現金」としてみなされるのです。

でも、実際、現金と小切手だと使い勝手も違います。その辺のスーパーとか小切手は使えないところがほとんどだと思います。

その他の現金として取り扱う、送金小切手、郵便為替証書、配当金領収証などは問題を解いていくうちにだんだんと覚えていくことで大丈夫です。

まずは簿記の世界では、現金の範囲が広いことを理解しておきましょう。

でも実務では最近、小切手を見る機会が減ってきました。背景には、インタネットバンキングや、「でんさい」という電子債権の普及があります。

独学合格!日商簿記3級記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました