【会計士】監査法人勤めの公認会計士はゴールデンウィークがない?【土曜日出勤】

資格取得

監査法人はゴールデンウイークも出勤?

公認会計士の働き方で、よく5月は繁忙期なのでゴールデンウイークない。

という話を聞いたことがあるでしょうか。

確かにGW近辺んは監査法人にとって繁忙期です。

3月決算の会社の監査期間真っ盛りなのです。

なので会計士は季節労働者と言われたりします。

というわけで、今回は監査法人はゴールデンウィークはないのか?公認会計士の働き方について少しご紹介したいと思います。

会計士の働き方について、少しでもご参考になればと思います。

なぜ監査法人は4月、5月は忙しいのか?

まず、なぜ監査法人は4月、5月が忙しいのか?繁忙期と言われているのか?

について簡単に説明します。

一言でいえば、多くの企業は3月決算を選択しているからです。

大体の決算スケジュールを説明しますと、

3月末 会社が期末を迎える

4月中 会社が決算書類を作成する

4月中下旬 監査法人が監査開始

5月上中旬 会社法の監査終了

5月下旬 有価証券報告書チェック

6月下旬 株主総会

こんな風なスケジュールになっています。

重要なのは、4月中下旬から監査が始まるということです。

3月決算の会社は世の中にとても多いですから、それらの会社が一斉に決算を迎えるととても忙しくなります。

この時期だけは本当に人が足りない状態になります。

監査法人も勤務形態を変えたり、アルバイトを雇ったりいろいろと工夫をして対応することになります。

ある監査法人の勤務実態

ここである監査法人の勤務実態をご紹介します。

この監査法人では、勤務カレンダーが通常月とは変わります。

4月、5月の土曜・祝日が出勤日になります。

4月30日の祝日、GW、その近辺土曜日が出勤日になります。

一時期、週6日勤務となります。

他の人がGWを満喫している中の出勤となります。

しかも忙しいと。

その分他に休みがある

しかし、ただ休日出勤になるだけだと不平等ですから、監査法人は他に休日を設定しています。

その分やすみがあります。

GWや土曜出勤した分を8月や年末年始の休みに回しています。

また、アサイン(予定)が入っていない時には休みを取りやすいのが監査法人の特徴でもあります。

夏休みや年末年始などに2週間くらい休みを取る人もいます。

監査法人の勤務形態の良し悪し

私見ですが、私は普通の会社にもいましたので、監査法人と一般事業会社の休日について感想を述べますと、

監査法人は繁忙期さえ乗り切ってしまえば、あとは休日も多く休みが多いイメージです。

また、普通の会社の様に有休をとりにくいという雰囲気はあまり感じません。

GWが毎年ないというのも確かに友達や家族と休みが合わないという面はあると思います。

ただ、その代わりに他の平日に休みが多いのはいいなと思います。

でも、会社の経理の方も出勤されてることもありますので、監査法人だけでなく会社ともお互い様なところはありますね。

でも、ITの進化によって将来的に決算業務の平準化されれば、繁忙期という概念がなくなるかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【会計士】社会人のための公認会計士試験の勉強の仕方(短答式試験)

【メンタル】物事を成功させるコツは?【勝ちパターン】

【会計士】公認会計士の仕事内容って?【何してるの】

タイトルとURLをコピーしました