【メンタル】人生何が起こるかわからない【万事塞翁が馬】

悩みのヒント

後悔はしたくない

後悔したくないと誰もが思っていますが、人間、時には失敗したりして後悔します。

また思いもしない不幸に見舞われることもあるでしょう。

七難八苦、わかっていても、これをどう整理したらよいのでしょうか。

でも、人間万事塞翁が馬です。

人生は何が起こるかわかりません。

今回は、後悔した時や不幸に遭遇した時、それを乗り越える方法について考えてみたいと思います。

人間万事塞翁が馬

中国の故事です。

「人生の禍福は最後まで予測できない」という話です。

中学生くらいの国語で習った人も多いでしょう。

あらすじを紹介します。

塞翁という人が登場人物です。恐らくはおじいさんでしょう。

この塞翁が主人公です。性格的にはかなりの慎重派です。

まず話の最初に飼っていた馬が逃亡します。

隣人が「馬逃げて、残念やったな」と同情します(関西弁ではないと思いますが)。

そうすると塞翁さんはいいました。「別に悲しむことはない、この次にはどんな幸福がやって来るか分からない」と失望しませんでした。

この段階だけだと単に強がってるだけじゃないのかと思いますが、

数カ月して、逃亡した馬は逆に他の馬を数頭引き連れて共に帰ってきました。

隣人が「すげえ幸運や」とはしゃいで喜びましたが、塞翁は「だがこの次にはどんな不幸が身に振りかかるかもしれない」といって平然としていました。

ひねくれジジイみたいな予感がしなくもないですが、話は続きます。

次は、馬に乗ることが好きな息子が、その馬から落ちて足を折ってしまいました。

その時も塞翁は「別に不幸でもない」という姿勢です。

その1年ののち、隣国の侵略を受けて戦争が始まり、付近の青年は徴兵されてみんな戦死しましたが、息子は足が悪いおかげで戦場に行かなくてすみました。

最終的には、息子が助かってよかった。

というお話です。

「世の中、何が幸運となるか分かるものではない」という示唆を与えてくれます。

この話から学べる教訓

この故事は、冷静キャラになれという話ではありません。

私なりにここから学べる教訓を列挙してみたいと思います。

物事には2面性がある

物事には2面性があります。

息子が落馬して足を怪我したことは不幸でしたが、戦争に行かなくて助かりました。

一見、誰がどう見ても不幸な出来事が、場面によっては幸運になり得ます。

常に物事には2面性があることを念頭に置くことが大切です。

隣の芝は青く見える

物語には、隣人が登場します。

塞翁の状況を見ては、不幸だ、幸運だいいますが、

それは隣の人から見た見方です。隣人の価値観です。

本当のところ、本人がどう思っているかはわからないものです。

隣の芝は青く見えるものです。

選択しなかった方を美化しない

もしあの時、ああしていればと思うこともありますが、

それは、今時点の判断であり、未来もそう思うかはわかりません。

状況が変わって、やっぱりこうしといてよかったと思うことも往々にしてあるのです。

自分でコントロールできないことに悩まない

馬が逃げたのは、若干、塞翁のミスのような気もしますが、

戦争が起きたことは塞翁のせいではありません。

たまたま息子はケガしていたので戦争に行かずに助かりましたが、

状況的に防げない出来事も起こります。

自分でコントロールしたこと、コントロールできなかったこと、あると思います。

自分でコントロールできないことで悩まず、コントロールできることに集中するべきだと思います。

どんな時も今が一番

人生思い通りにはいきません。

しかし、そのおかげでどう転ぶかもわかりません。

どんな時も今が一番と思って前向きに生きていくことが大切です。

人間万事塞翁が馬に似たことわざ

同じようなことわざはたくさんあります。

その中の一部ご紹介します。

沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり

禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)

一寸先は闇

あんまり明るいトーンの言葉ではないですが、これら似たような言葉が多くあるということ自体が、人生何があるか分からないという証拠です。

どんな時も今が一番、今まで歩んできた道が一番です。

希望をもって毎日生きていきましょう。

精一杯やるだけやったならしょうがないです。後悔はないはずです。

【メンタル】人生で本当に大切なこと~石と壺の話~【有名な優先順位の話】

【メンタル】強気に生きることの大切さ

【会計士】公認会計士試験に頭の良さは必要か【才能か努力か】

死ぬ瞬間の5つの後悔 [ ブロニー・ウェア ]

価格:1,760円
(2020/1/8 22:15時点)
感想(1件)

タイトルとURLをコピーしました