【メンタル】人を動かすためのセオリー【帝国海軍大将、山本五十六に学ぶ】

悩みのヒント

人を動かすためのポイント

人を動かす、なんてちょっと偉そうですが、

大日本帝国海軍大将、連合艦隊司令長官の山本五十六はこのような言葉を残しています。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

人を動かすこと、そして育てることがこの言葉に凝縮されています。

広島にある戦艦大和ミュージアムに山本五十六グッズが売っていたりします。

世の中の会社は、そのほとんどが部下と管理職で成り立っています。

また、チームで何かを行う時も必ずリーダーがいます。

そのような中で必ずと言っていいほど発生する悩みがあります。

それは「人が動かない、ついてこない」という悩みです。

今回は、山本五十六の言葉を参考に人を動かすためのポイントについて書いてみたいと思います。

人は自ら変わる

人が動かない、ついてこない。

しかし他人を変えようとしてはいけません。

他人は変わりません。他人を変えられると思うのはおごりです。

人は自ら変わることでしか変われないです。

自分で変わるための後押しやその変わる方向の道しるべを示すことで、結果的に人を動かすことができるのです。

そのためのノウハウが最初に紹介した言葉です。

最初の一行目です。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

このステップを踏んでいけば、あるいは人は自ら変わるかもしれません。

大変理にかなっている言葉だと思います。

やってみせる(聞く耳を持たせる)

例えば仕事で、ある部下が困難な課題を指示されたとします。

その時、部下は指示した上司対して「自分でやれよ、おまえはできるのかよ」と思ったりするのはよくあることです。

人は心理的に自分より実力が下の人に従うことに抵抗を感じます。

そこでまずは、人にやらせる前に自分でやってみせることが大切です。

実力を示すのです。

私はできますよ、でも役割上あなたに頼むのです。ということを認知させます。

これで「おまえはできるのか?」という疑念もなくなります。

さらに話を聞く耳をもってくれます。

そうしたら次のステップです。

言って聞かせる(知識をインプットする)

どうやるのかということをレクチャーします。

やはり、何も情報がないところで「やってみろ」と言われてもできません。

必要な情報やノウハウをインプットしてもらいます。

いわゆる座学の段階ですね。

そのインプットが一通り終わったら、次の実践のステップです。

させてみる(実践する)

一度は、指導者の下でさせてみることが大切です。

知識があるのと実際にやるのとでは違います。

でも、指導者がいない場合にはなかなか実践に踏み出せないこともあるでしょうし、失敗すれば事故になったり、先方に迷惑をかけるかもしれません。

一度は、指導者が見ているところで実際にさせてみることが大切です。

これによって実践を経験することができます。

褒める(自信を持たせる)

うまくできたら褒めてあげます。

褒めることで「自分はできる」という自信がつきます。

これで、もう自分の力でやっていけます。

「自分はできる」という自信こそ、人の原動力です。

この段階までくればもう大丈夫です。

人を動かすステップは完了です。

人を動かすのは恐怖でも威圧でもない

管理職になって部下を持つようになるとある程度の権限を持ちます。

そうすると、威圧的に部下を動かそうとする人がいます。

これは全くの間違いだと思います。

部下に尊敬の念をもって接し、必要なサポートをすることでようやく動かすことができるのです。

このようなリーダーシップの考え方をサーバントリーダーシップと言います。

サーバントリーダーシップ

サーバントリーダーシップとは部下に対して、奉仕の気持ちを持って接し、どうすれば組織のメンバーの持つ力を最大限に発揮できるのかを考え、その環境づくりに邁進するリーダーシップです。

これは「支援型リーダーシップ」とも呼ばれます

対立する概念は「支配型リーダーシップ」です。

時には厳しい言葉も必要でしょう。歴史を見れば強力な権力を用いて人を強制的に使い倒してきた事例は数え切れません。

でも、これだけ知能や技術が発達した現代社会において、マネージメントというのは、そんな恐怖による方法が最善なのでしょうか。

そのような恐怖支配で事業は永続的に発展するのでしょうか。

消費者はそのような会社の製品を買いたい、そのような会社のサービスを受けたいと思うのでしょうか。

人が人に対して不快な思いをさせつつ、それを多くの人が我慢し、それでも会社の事業を優先させていくことが本当に社会のためになっているのでしょうか。

疑問はつきませんが、もっとうまくいく方法があるのではないか?と、いつも考えます。



タイトルとURLをコピーしました