【転職活動】転職活動は在職中にすべきか?【辞めてから?働きながら?体験談】

就職・転職

転職活動は在職中にするべきか、辞めてからから開始すべきか。

双方一長一短ありますが、私なりに考えて在職中をお勧めしたいと思います。

もちろん辞めてからの転職活動もそれなりのメリットはあります。

私は複数回転職しました。在職中と退職後、両方経験あります。その経験をご紹介したいと思います。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

一般的に言われる在職中に転職活動をするメリット・デメリットは以下のようなものがあります。

メリット

  • 無職となるブランク期間がないため収入が途切れることがない
  • 働きながら希望条件に合う企業や求人を好きなだけ探すことができる
  • 転職先を決めて退職を申し出ることで、無職になる恐れがない
  • 退職から就職に伴う税金・年金・保険の手続の手間がかからない

デメリット

  • 求職活動の時間がとれず、なかなか思うように転職活動ができない
  • 情報収集の方法や時間が限られ、面接対応でも時間調整に苦労する
  • 入社のタイミングの自由度が低いため選考で不利となる可能性もある
  • 短期間の退職・入社が手続などで忙しく、休む時間もなく疲れる

実際に在職中にやってみた感想

無職になる恐れはないというのは最大のメリットだと思います。

精神的に安心して転職活動を行えるということです。

しかし安全領域にいるため、もし転職できなくても今の職場にいればいいや、という宙ぶらりんの状態になることもあります。

そもそもなぜ転職するのか。仕事内容、年収、人間関係など現状を変えたいからではなかったのか、原点をよく考える必要があります。

デメリットは、やはり時間が取れないとことだと思います。

情報収集はそこそこ可能ですが、面接の日程調整は相当苦労します。

通常、1つの企業の選考では複数回選考があります。同時に何社も平行して選考に応募するというのは、時間的に難しいと思います。

また、一旦無職となる場合は、健康保険や失業保険の手続きがあります。これが結構大変なのです。

【転職活動】離職期間が短い場合でも失業保険の申請はした方がいい【申請手続・手当等まとめ】

【離職期間】転職先を決めずに辞めた時にする手続き【とりあえず辞めた】

辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

他方、一旦、今の職場を辞めてから転職活動をするメリット・デメリットは以下のものがあります

メリット

  • 企業の情報収集や面接対策などの時間が十分にとれる
  • 相手先企業との日程の調整を最優先にでき対応しやすい
  • 心身をリフレッシュし、自身のキャリアを見直す時間がとれる
  • 新たなスキルや資格を得るための通学や講座受講ができる

デメリット

  • 収入が途絶えるため、数カ月分の生活費を蓄えておく必要がある
  • 転職活動が思うように運ばないと焦って条件に妥協が生まれやすい
  • 失業状態のプレッシャー、不採用になったときのストレスが大きい
  • 失業が長期間に及ぶとスキルやモチベーションの維持が難しくなる

実際に辞めてからやってみた感想

確かに転職活動に多くの時間を使えるのはメリットでした。

企業研究や面接対策に十分に時間をとることができます。

これまでの自分のキャリアの棚卸もできました。

それに退職した当初はとにかく眠くて、十分に体を休めることができかなり体力を回復できました。

デメリットは収入が全くないということです。好きなものも買うこともできない。

転職活動をするにもお金は必要です。失業保険というものもがありますが、あまりあてにはできません。それについてはまた別の機会に書きたいと思います。

とにかく金銭的な面から考えると長期の離職は避けたいところです。

妥協が生まれやすいというのもその通りだと思います。ですが、せっかく一旦辞めてから転職活動をするからには、できるだけ条件面で妥協したくないところですね。

【転職活動】転職活動において年収は妥協すべきか【やりがい?】

転職活動は在職中がおすすめ

辞めてから転職活動をした理由は、1度目の在職中での転職活動が満足いくものではなかったという反省からでした。

しかし、実際に辞めてからの転職活動は想像以上に精神的につらいものがありました。

これまでブランクなくサラリーマンとして働いてきましたが、離職した翌日から突如として行く所がなくなります。

そんな中、離職票を持ってハローワークへ行き、失業保険の給付手続をすることになります。

他の失業中の人たちとハローワークの講習を受けます。市役所へも保険や年金等の手続きで行かねばなりません。

離職して最初の数日間は結構忙しいのです。それらの手続を社会から切り離された疎外感を感じながらしなければならなかったのは正直しんどかったです。

当時はこんなことなら在職中に転職先を決めておくべきだったと思いました。

辞めてからの転職活動は人生の糧となった

最近は、離職した後に失業状態が長期化することを恐れて、在職中に活動する人が増える傾向にあるということもよく聞きます。

ただ、多少のリスクを覚悟しても転職目標の達成を第一に考えるのならば、辞めてからの転職活動の方が思う存分できるのも確かだと思います。在職中では、企業研究、転職エージェントの活用、複数企業の同時選考や面接対策などを十分に行うことは難しいです。

結果として満足いく転職活動ができないこともあります。

しかし、辞めてからの転職活動はそれはそれで大変でした。後がない状態での面接のプレッシャーはかなりのものでした。必死で準備し対策しました。とてつもない学習能力を発揮しました。

その期間は一か八かで必死でしたので非常に成長できたとは思います。そして離職期間の社会保険の手続などは本当に勉強になりました。

一旦辞めれば会社は守ってくれません。なんでも自分でやらなくてはなりません。

本当に会社に在籍していることのありがたみも身に染みました。

その経験から総合的な観点から、転職活動は在職中がおすすめだと思っています。

タフで自信があれば、次の職場に行く前にこのような離職経験を一度しておくのも悪くはないのではないかと思います。

【転職活動】転職を経験してわかったこと【転職で悟る】

【離職期間】離職期間中の過ごし方【不安に負けないために】



タイトルとURLをコピーしました