【審査基準のヒント】The Moneytizerの審査に不合格だったサイト事例【どれくらい厳しい?】

お役立ち
スポンサーリンク

The Moneytizerの審査に不合格だったサイト事例

今回は「The Moneytizer(ザ・マネタイザー)」はThe Moneytizerの審査に不合格だったサイト事例をご紹介します。

「The Moneytizer」はブロガー・アフェリエイターが誰でもドルで収入を得ることができる広告配信サービスです。

The Moneytizerの主な特徴は以下の2点です。

・インプレッション報酬である
・ドルで収益を得る

インプレッション報酬というのは、広告が表示されるだけで報酬が得られるという仕組みです。

また、報酬はドルで受け取ります。

Google AdSenseのようにブログなど広告を貼って収入を得ます。アドセンス代替の選択肢の一つと言われています。

もちろんアドセンスとの併用も可能です。

ただ、The Moneytizerには審査があります。まだそれほど審査が厳しくないと言われますが、どんなサイトでも合格できるわけではないようです。

今回は、The Moneytizerの審査に不合格だったサイト事例を紹介します。

あるサイトの不合格事例

サイトの概要

不合格だったサイトの概要は以下の通りです。

・サイトジャンル:趣味(食べ物等グルメ)
・ブログ運営期間:約1年
・記事数:約50記事

・一日のアクセス:約20PV
・アドセンス合格済み

以上のようなサイトです。

ブログ運営期間は、約1年です。

近所の飲食店やグルメなどを紹介しているブログです。

アドセンスにはすでに合格しているサイトです。

申請当日に不合格メールが

審査に出して当日に結果がでました。

残念ながら、不合格となりました。

サインアップしていただきありがとうございます。
残念ながら、現時点ではトラフィックを収益化できません。 したがって、当社のプラットフォームであなたのウェブサイトを受け入れることはできません。
これが間違いだと思われる場合は、お問い合わせください。

よろしく、マネータイザーチーム。

何が不合格の原因なのかを推測

不合格の原因はPV数が少ないことではないかと思います。

PVが少なすぎて不適格なサイトと判定されてしまったと推測されます。

「現時点ではトラフィックを収益化できません」

トラフィックとは、インターネット上を行き交うユーザーやデータの量です。

Webサイトに集まるユーザーの量、サーバーや回線に流れるデータの量などを指します。

これが不足していたため、不合格になったのではないかと推測されます。

合格したサイト事例はこちら

The Moneytizerの登録について

The Moneytizerの登録と申請は誰でもできます。

総じて満足度は高いサービスだと思います。

まだあまり知られておらず審査基準も厳しくないので、一度試してみてはいかがでしょうか?

自分で登録できる方は、↓の直接ホームページから登録できます。

The Moneytizerのホームページはこちら

↑ 上記のリンクからアカウント作成すると5ドルもらえますので是非ご利用ください。

以上審査に不合格だったサイト事例をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました